成人病ってなに?

成人病患者の写真

成人病。現在では生活習慣病とも言われていますね。「成人」や「生活習慣」と聞くと身近で簡単なものに聞こえまずが、実は死に関わる恐ろしい病気も含まれています。あなたは、本当に健康ですか?

成人病と生活習慣の関連性

成人病は現在は生活習慣病と言う名称に変更されています。このことからも、成人病と生活習慣の関連性の深さが理解できます。この呼び方に該当する病気としては、糖尿病や高血圧などが挙げられます。こうした病気が成人病と呼ばれていた頃は、それにかかる原因は加齢だという認識が一般的でした。成人病の成人とは、中高年の、いわゆる働き盛りの年齢層の人たちを意味しています。その年齢層になると、加齢によって体の機能に支障が生じやすくなり、それが原因で上で説明したような病気が出やすくなると言う理解がされていました。ところが同じ年齢層の人でも、こうした病気にかかって苦しんでいる人がいる一方で、そうした病気とは無縁の人もいると言う状況があったため調査が行われたところ、それらの病気にかかる原因は、加齢よりもむしろ本人の生活習慣の積み重ねが大きいと言うことが明らかにされました。そのため成人病は生活習慣病へと名称変更がされたと言うわけです。たとえば食生活ひとつとって見ても、暴飲暴食が続いている、脂質の多い食事が続いていると言うような状況では、血糖値のコントロールも不安定になりやすいですし、血管にコレステロールがたまりやすくもなります。するとそうではない人に比べると、糖尿病や高血圧に罹患する可能性は高くなります。運動習慣についても同様です。適度な運動習慣を持っている人は、糖分や脂肪分がエネルギーとして消費されていることが期待できます。また多くの量の酸素が取り込まれるため、血管の柔軟性も保たれやすくなります。こうしたことは、糖尿病や高血圧を防ぐためには非常に効果的なことです。勿論、生活習慣だけが全てではありません。しかしそれによって改善できる部分があると言うのは事実です。ですから成人病は生活習慣病であるという認識を持って、予防に努めることが必要です。